【悪い物の害減少と変性意識状態(トランス状態)へ】フォーグ・・・船井流両手振り運動用FOAG

FOAG-01
FOAG-01 FOAG-01

【悪い物の害減少と変性意識状態(トランス状態)へ】フォーグ・・・船井流両手振り運動用FOAG

(FOAG-01)

舩井先生がおススメする両手ふり運動の際に利用する商品です。
■おススメする気のエネルギー体感方法
財運などのお家の運気を改善するには、家の中における気のエネルギーがどのようになっているのか等といった鑑定に風水がしばしば用いられている。これを人体における気のエネルギーに置き換えたものが気功である。気のエネルギーが見えないので、気功教室に通っても、果たして自分が成長しているのか、否かの実感がわきにくいのが実態であろう。
このフォーグを使うことで短時間で強力な気のエネルギーを体感できる。磁石の反発力や吸引力のような力である。具体的にはフォーグを両手にはめて、両手振り運動を10回程度(回数が多い方がよい)行った後、フォーグを両手に付けたままの状態で、大きなオムスビを握る要領で手を動かすのである。
慣れてきたら気のエネルギーを遠隔に飛ばす稽古がよい。大きめの水晶玉を自分から離れた位置に置いておき、この水晶玉に向かって両手振り
運動した後の手のひらを向けるのである。ゆっくりと手を前後させると、水晶玉から反発が感じられるはずである。
見えないエネルギーを遠隔で自在に操るためには、その存在を認める必要がある。しかし、頭が固い人、特に左脳が強いタイプの人は無意識に潜在意識が拒絶するので能力・脳力開発をしようとしても成長に限りがある。気のエネルギーの存在を実際に体感させることで、潜在意識のブロック解除ができるため、このフォーグは有効なグッズである。

ちなみに、大きな水晶玉はこちら
【意識エネルギー】気のエネルギーが放出されるDVDと水晶玉(直径:約14cm)セット
https://funaiselect.thebase.in/items/6756456

■フォーグ試用テスト
商品画像3は、フォーグのエネルギーを確認するために、ある滝場での試用テスト直後に撮影したものである。手の周囲にモヤのようなものが偶然写り込んだ。このモヤのことを、ある霊能力者に確認頂いたら、霊が浄化されたとのこと。その後、何度か、撮影し続けたが、モヤが写り込むことはなかった。不思議な経験であった。

■オリジナルのオルゴン装置によるエネルギー注入
自然界に充満する生命力の源となる気、プラーナなどと呼ばれるエネルギーのようなことをオルゴン・エネルギーと名付けたのが、医学博士号も取得している天才科学者ウィルヘルム・ライヒ博士である。そして、ライヒ博士はこのオルゴン・エネルギーを蓄積するオルゴンボックスを考案し、蓄積したオルゴン・エネルギーを患者の患部に照射したり、患者自身をオルゴンボックスの中に入れることで治癒できることを発見したのであった。
このライヒ博士が考案したオルゴンボックスに、邪気を祓う機能をアレンジしたオリジナルのオルゴン装置に本商品のシルバーを数日格納することで、気功のプロに気をこめてもらうことと同等以上のエネルギー注入をするのとあわせて、製造・流通過程で付着した邪気を祓います。オルゴン装置に長く置くほど効果が大きいようです。
ちなみに、私共が邪気払い商品をご用意している一つの理由は、本当に当たる占いで良い運勢がでていたにもかかわらず、何故か、その通りにならないどころか、不運であった方がしばしばいらっしゃいます。これは占いが間違っていたのではなく、良いエネルギーよりも、負のエネルギーである邪気が強かったというのが実態でした。そのような方は、魅力的で、有能ですが、身内や同僚といった身近な人たちから妬みや嫉妬されることが多いというのが、会話してだいたい
分かってきたことです。

■船井流両手ふり運動
私は2001年12月25日から「両手ふり体操」をはじめました。
これは関英男先生に奨められたもので、その効能は関先生の著書にも書かれています。
これは達磨大師の易筋経の中に書かれている健康の秘儀で、一般には、つぎのように説明されています。(以下は評言社刊、春田匡柯著『GORAKU』の中での紹介文です。)

腕振り運動。達磨大師の易筋経の中に説かれる秘儀。やり方はいたって簡単だが、持続が難しい。病気を改善させたいときは、朝晩二千回ずつ実行すると効果があるそうだ。
① 両足を肩幅に開いて立ち、余分な力を抜く
② 目は軽く開き、前方を見る
③ 指を軽く伸ばし掌を内側(体側)に向けて両腕を振る
☆ まず両手を並行に腕の高さまで上げ、一気に後ろに振り下ろす。その反動を使って胸の高さに戻す。
☆ この動作をただただ繰り返す。雑念はできるだけないほうがよいので、ひたすら数を数えるとよい。
早朝の日の出と共にこれを行なうことを続けて超能力者になった人もいるという(噂もある)。

私は、はじめのころは毎日早朝に400-500回手をふっていました。最近では毎朝1000回くらいふっています。
カラダには確かにいいようです。
いろんな人に奨めました。奨めた理由は、300回くらいつづけてふると船井流指テスト(「O-RING-TEST」と同じ原理だが、「O-RING-TEST」のようにややこしくなく、かんたんに効き腕の逆の手に持ったものが、自分のカラダによいものか悪いものか判断できるテスト法)の結果として、水道水、コーヒー、ビール、タバコ、電源の入った携帯電話などふだんなら指の開く物を持っても指の力が弱くならないからです。これはカラダに悪い物の害を減少させる方法だと思って奨めたのです。たしかにこれはすばらしい秘儀だと思います。
ところで4月2日に身体機能の研究家の玉木志保美さんから「船井先生は猫背ですよ。枕なしに上を向いて固い板間や畳の上では睡れないでしょう。そこで両手のひらを上向きにしながら外側へひねり、胸を拡げる運動をした方がいいですよ。これをやると猫背もなおります。若い人なら一ヶ月つづければ正常になりますから、先生もやってみてくださいね」とアドバイスされたのです。たしかに理屈の上からもよくわかります。
ともかくこれを4月2日からやりはじめました。
達磨大師流の両手ふり運動の後で、同じ回数くらいやるのです。
まず両手をおへその前あたりで合せ気味にして、それから左右へ、ぐっと胸を広めるよう力を入れてふります。その時カラダの両側では手のひらを上向け外側へひねり気味にします。これは、気持ちのよい体操です。この二つを併用すると、一挙により体調がよくなりました。この二つをいっしょにして、とりあえず「船井流両手ふり運動」と名づけましたが、皆さまも、ぜひ自分のカラダに合わせて工夫してやってみてください。

■腕振り運動で「変性意識状態」に入る・・・グラヴィトン粒子(GTP)の増加
腕振り運動は、同じ動作の繰り返しなので「変性意識状態」に入る事が出来ます。
「変性意識状態」での「洗心」と、唱えながらの腕振りは、さらなる高い効果があるように思います。
心理学での変性意識状態、あるいはトランス状態とは、心の奥深くの潜在意識とつながる状態のことです。
つまり、トランス状態とは、表層意識が消失した状態のことで、宗教的、あるいは、神秘学的な法悦状態(入神状態)、すなわち、神懸り的な状態のことでもあります。
催眠術でも、催眠状態のことをトランス状態と言います。
自己啓発や能力開発では、潜在意識に働きかけることがポイントになるので、この状態になることが最大の関心事になります。
関英男博士が腕振り運動を1日2000回も取り組んだのも、腕振り運動の効果と共に、トランス状態になっていたからだと思います。
関博士は、ご自分の難病の癌も消え、90歳を超えても世界中を飛び回り、熱心に研究をされ、97歳まで健康で活躍されました。
腕振り運動で、グラヴィトン粒子(GTP)の増加により、健康を向上させることはもちろん、数々の難病が奇跡のように治癒したことも報告され、関博士はたくさんのデータを収集しておりました。
関博士によると、人間は、生まれた時は大量のグラヴィトン粒子を有しているが、歳と共に減っていき、それは決して増えません。しかし、腕振り運動で、その数を増やすことが出来るのです。
腕振り運動で、グラヴィトン粒子を神経に蓄積すれば、健康で若々しくエネルギーに満ちあふれるのです。と、説明しています。
そして、最も肝心な「変性意識状態」=トランス状態を意図して腕振りを推奨したのは、達磨大師だと思います。
このトランス状態に入るには、通常の意識(表層意識)=自我が消えてしまうようなことをするのがポイントになります。
誰にも簡単にできて、最も効果的なのが、スワイショウ=腕振りだと思います。
宗教やヨーガでは、マントラを唱えることで、通常の意識=自我を消してトランス状態に入る実践をしています。
さらに、その状態が深まると、忘我状態=エクスタシーになります。
エクスタシーというのは、至福 恍惚の光の中にいる状態で、我を忘れて物事に没頭することも意味します。
ゾーンとかフロー状態とも類似しています。これは、表層意識である自我が完全に消えてしまった状態なのです。
般若心経というお経では、まさに、観音様が、この中のマントラを唱えているうちにトランス状態になり、この世の真理を悟ったと書かれているのです。

■定価
32,400円

■中古品
ご理解頂ける方にのみ販売させて頂きます。

■洗心(天の理=洗心)
いつももつべき正しい心
強く     明るく
正しく    我が祈り
宜しからぬ欲を捨て
みな仲良く、相和して
感謝の生活をなせ

心の中からなくすべき感情

憎しみ  不満
妬み   疑い
猜み   迷い
羨み   心配心
呪い   咎めの心
怒り   いらいらする心
不平   せかせかする心

■商品情報
・万病を癒す!『腕振り運動』のヤバすぎる効果!
https://matome.naver.jp/odai/2136133519411366001

・【船井流両手ふり運動】フォーグ
https://funaiselect.thebase.in/blog/2017/06/11/120713

在庫状態 : 売り切れ
¥32,400 ¥26,000
只今お取扱い出来ません

関連商品