【書籍】パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学 デヴィッド・R. ホーキンズ、 David R. Hawkins

book-07

【書籍】パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学 デヴィッド・R. ホーキンズ、 David R. Hawkins

(book-07)

力には「パワー」と「フォース」の二種類あり、人を強くするのが「パワー」で、人から命とエネルギーを奪うのが「フォース」です。「パワー」は人々の心そのものの中に存在し、生命そのものを常に支えているため、これを生命エネルギーとも言えます。一方、見せかけの力である「フォース」に対して多くの人が惹きつけられ、憧れるますが、「フォース」は決して「パワー」に勝つことができないとされます。
 この「フォース」を使っているものに現在の国家、利益追求のみを行っている企業があります。 フォースの力は一見するとものすごい「力」「権力」があるように見えますが、その実体は人々を心から歓喜する力はありません。
 この「パワー」と「フォース」は一見同じように見えますが、意識レベル(1~1000)という筋肉反射テストで得た値で区別できるのです。200以上が「パワー」で200未満が「フォース」

あの人の意識は1~1000の、どのレベルにあるのか。あなたはどうなのか!「プライド」は175でしかない。「勇気」の200と「愛」の500が精神性のターニングポイントになるという。

ホーキンズ,デヴィッド・R.
医学博士。米国精神医学会終身会員。1952年より精神科医として活動し、セラピスト及び講演家として広く知られている。現在はアリゾナ州で治療と執筆を行なうかたわら、「高度なスピリチュアル研究所」の主任を務めている。1996年、著書『パワーか、フォースか』に対してデンマークの皇室よりナイト爵の称号を与えられた。韓国ではベストセラーとなり、韓国政府からも称号を受けている

ちなみに、ご自身の意識レベルを測定したい場合はこちら。
http://www.ishiki-level.com/index.htm

在庫状態 : 在庫有り
¥6,000
数量